LIFE

副業でブログをするための時間の作り方【時間がないは言い訳です】

悩んでいる人
副業を始めようと思っているのですが、仕事(本業)が忙しく、時間が取れません。どのように時間を作ればいいのでしょうか?

 

この疑問を解決していきます。

 

僕自身、現在も会社員として副業をしています。 その中で副業をすると決めたことも、そして今現在副業に取り組んでいるのもそれは大変です。
Suguru

 

この記事の内容

・副業での時間の作り方
・副業の時間が作れない理由とは?
・時間を作るためにしたこと

 

過去にWeb業界で働いていた経験があるので、ブログを始めることはそれほど抵抗はありませんでしたが、成果を早く出すためにどのように時間を生み出すかを考えいました。

 

現在の実情をお話ししながら、あなたの役立つ情報になればうれしいです。

 

早速ですが、僕が現在行っている、副業での時間の作り方をお話ししていきます。

 

副業での時間の作り方

あなたも僕もそして全世界の人も共通なのが「時間」です。

1日は24時間しかありません。

この24時間がどうにか1時間でも伸びればと思っても伸びることはありませんよね。

 

しかし、今までの時間の使い方を変えることで効率的に副業をすることは可能です。

 

それでは僕自身がどのように時間を作っているかお話ししていきますね。

 

やりたいことをやるためには、今までやっていたことを少なからずやめていく、もしくは少しお休みする必要があります。

1日が24時間ということは変えれません。そこで僕は1日の時間割を決めるようにしました。

 

1日のスケジュールを明確にする

例としては下記のようなイメージです。

時間(1日) 内容
7:00〜7:30 起床→顔洗う→子どもを起こす
7:30〜8:00 朝ごはん→食器の片付け
8:00〜9:00 子どもを送る→出社
9:00〜18:00 出社→仕事→仕事終了
18:00〜19:00 仕事終了→子どもお迎え→帰宅
19:00〜20:00 帰宅→夜ごはん
20:00〜21:00 夜ごはん→お風呂
21:00〜23:00 副業タイム→就寝
23:00〜7:00 就寝→起床

このように30分〜1時間単位ごとに1日を時間割にする事で、どのタイミングで何をしないといけないかが明確になりますよね。

 

タスク管理のアプリや、Googleカレンダーを使用すればすぐに1日の内容を可視化できるので非常におすすめです。

 

やらないことを決める

次に「やらないことリスト」を作りました。

僕がやらないと基本的にやらないと決めたことは、以下の5つです。

  1. テレビゲーム
  2. スマホアプリ(ゲーム)
  3. テレビを見る
  4. 飲み会
  5. 無駄な残業

イメージして欲しいのですが、上の内容をやめるだけでも時間ができそうですよね。

 

このリストの内容も決して、無駄な時間ではないと思います。

 

ゲームは確かに楽しいし、飲み会も大切な友人や会社の同僚とのコミュニケーションをとる場所です。残業に至っては、任されている仕事があれば、しないわけにはいけませんよね。

 

僕はお伝えしたいのは、このやめる時間が永遠に続くわけではないということです。

 

僕は描いている未来につながるための時間か?と考えた時に我慢し、一旦やめることにしました。

 

集中して作業をできる場所を確保

ブログを書くのにそんなに広いスペースはいりません。しかし、集中する場所は必要ですよね。

 

家族と相談して集中できる場所をもらいました。

 

また、家にはたくさんの誘惑があります。
ソファー、ベット、冷蔵庫には冷えたビールなど。。。

 

そういった方は、仕事帰りにカフェなどによって作業するのも非常に有効だと思います。

 

僕の場合は、夫婦共働きということや、小学校、保育園のお迎えに行っていたので、家の中で集中して作業できる場所と、妻と子供に約束事として、集中する時間などを、もらうようにしています。

 

本業中はスマホを活用

基本的には本業中は、もちろん会社に迷惑のかからないように任された仕事をするべきです。

 

しかし、「本業中は全く作業できない」かと思われるかもしれませんが、そうでもありません。

 

僕の場合は、ブログのキーワード選定や、参考記事などを会社に向かう移動時間や休憩時間を利用して考えています。

そうすることで、帰宅してから効率よく作業に入ることができますよね。

 

 

副業の時間が作れない理由とは?

僕自身、何度も副業にチャレンジしようと思いましたが、思っただけで結局、時間を作ろうとしていませんでした。

 

心の中では「個人で稼げるようになって少しでも人生がゆたかになれば」と思っていたものの、本気で副業をしようとはなりませんでした。

 

時間に余裕があれば、副業も出来ればいいな程度の考え方でした。

 

結局の所、曖昧ない目標では、曖昧な結果しか生まれません。

 

そんな、僕が時間を作れなった理由を話します。
少しお恥ずかしい内容となりますが、広い心で読んでいただけるとうれしいです。

 

家族いるから時間がない

妻は普通に働いていて、家事は分担制。子どもの送り迎えは会社への距離を考えて僕が行っています。

子供もまだ小さいので、お風呂に入れたり、寝かせつけたりと1日があっという間にすぎていっていました。

 

副業したいんだけどなぁ〜・・・

とは思っていましたが、
副業に時間を使いたいから、家事と育児は君に任せた!
と言えるわけものなく、仕事に家事に育児…

 

副業をする時間なんてない。

 

と自分自身に暗示をかけていました。

 

失敗した時の恐怖

自分だって本気になれば、すぐにできる」と心のどこかでは思っていました。

でも、本気になることに恐怖がありました。

本気でやって「失敗して自分は本当に能力がない人間だと気づくのがコワイ・・・

 

他にも、妻に「明日から本気を出して副業やるよ!」と言って反対されたらどうしよう?
自分が副業し始めたら、子どもとの時間も割いて作業をしなければいけない。

 

など、何も始めていないのに考えることばかりでした。

 

でも、実際に副業を始めての結果はどうかというと、妻に本気になることを伝えると、「本気なら応援するよ」と言ってもらえたり子どもたちも応援してくれます。

 

副業しようと思って行動しないと自己嫌悪が続くので、まずは行動することをおすすめします。

 

 

副業の重要性に気づけていない

会社員は安定している」と疑う余地もなく思っていました。

なので副業の重要性に気付いていなかったのも、副業の時間を作ろうとしなかった原因だと思います。

 

今の時代は、会社は守ってはくれません。
その例が、メガバンクの人件費の削減や、大企業の数万人規模のリストラです。

 

そして、新型コロナの影響でさらに雇用問題は加速する一方ではないでしょうか。

 

その中で、副業を許可したり、推奨する企業も増えてきました。

良い言い方では「働き方改革」と言いますが、

これは会社は社員の将来に責任は持たないということをある意味で表明しています。

 

会社員は安定していると本気で考えている人は少ないと思いますが、複数の収入源を持つことは
海外では当たり前のようです。

 

この重要性に気付けるか、気付けないかで今後の生活がどうなっていくか、改めて考える必要性がありますよね。

 

 

時間を作るためにしたこと【体験談】

実際に時間を作るためにしていることを、実情と合わせてお伝えしていきます。時間数を増やすというより、時間ごとの効率を重視するイメージで、実質的に時間が増えている感覚にしていきます。

 

朝から早くから活動する

僕の場合、まず起きる時間を2時間早くしました。勤務時間は9時〜18時(休憩1時間)なので、いつも7時前に起床して、顔を洗って、子どもを起こして、朝ごはんを食べて、歯磨きをして、ダッシュで向かう・・・

はっきり言って、余裕のない朝を送っていました。

 

現在は起きる時間を5時にして朝早く起きて、記事構成や、ブログの執筆活動にしています。
朝起きてからの時間は、頭もフレッシュな状態なため、かなり効率よく時間を過ごせます。

 

朝早く起きるのが苦手だという人もいるとは思いますが、有意義に時間を使えるのでぜひチャレンジしてみてください。

 

睡眠時間をいい時間にしっかり取る

現在はなるべく23時〜5時(6時間睡眠)を心がけています。

副業を開始した当初、夜中の3時まで作業をして朝起きると「体が重く、だるさがぬけない」ということもありました。

 

本業でも眠たさがあり、はっきり言って効率的ではありません。

僕は本業あっての副業と思っていますし、本業できっちり仕事ができない人は副業でもうまくいくとは思えません。

なので、

  • 自分や家族のリズムにあった時間にしっかりと睡眠をとる。
  • 朝早く起きてすがすがしい気持ちで1日のスタートをする。

ということを心がけています。

 

ごはんは決めた食事を食べる

生活する上で大事なのは食事も一緒です。しかし、「今日のごはんはどうしよう?」と考える時間は楽しい反面、副業を開始した僕にはとてもおっくうな時間でした。

 

そのため、週末に妻と話し合いをして、その週にする食事を決めます。あとは、その食事の下準備をして、当日に食べるだけです。

 

栄養バランスも考えられますし、妻が買い物にいく時間も効率てきになったので、僕の家庭では非常に有効でした。

 

でも、毎日決まった料理だと飽きてくきますよね。

なので、月に1回〜2回程度は食事を決めずに美味しいものを食べる、または、外食するなどを決めています。

こうすることで家族へのサービスや、ストレスを軽減できますよね。

 

 

まとめ:副業の時間は絶対に作れます!

時間がない」というのは言い訳だったと、実際に副業にチャレンジして思いました。

実情は大きな成果もありませんが、改めて家族との時間を大切にしながら、新しいことにチャレンジできることが本当に嬉しいなと思っています。

 

僕自身、生活の中での優先順位をあげることが大切だと思います。

なんとしても副業の時間を作ろう!と思えば、どうにか考えて時間を作ろうとします。

 

そして、今まで何気なく行っていた、テレビを見る時間やゲームする時間をやめるようになりました。

 

家族に協力してもらう

これが一番大切だと考えています。一番近くで応援してくれてるのは妻であり、家族です。

本気で取り組んで頑張っていると、最初は「口だけでしょ」と言っていた妻も1ヶ月もたつと逆に応援してくれるようになりました。

僕がやらなければいけない、家事を率先してやってくれたり、手伝ってくれたりするようになっています。

 

もちろん、家族との時間は大切なので、その時間は必ず確保するようにしています。
そして、妻が疲れているときは、僕も必ず手伝うようにしています。

 

やれる方法や、できる理由を考えていけば、副業する時間はたくさん取ることが可能です。

 

今後の生活を少しでもゆたかにするために、がんばっていきましょう。

今から副業をしようと思っている方や、副業をしているけど時間が取れない方の少しでも参考になればうれしいです。

ブログのつくり方は【超簡単】10分で出来る!WordPressの始め方【ブログの作り方】から記事を読んで貰えば、すぐにできますよ。

 

おわります。

 

 

スポンサーリンク

-LIFE
-, ,

© 2020 Suguru Blog