ブログの作り方

ロリポップの評判は?遅くて危ない?【メリット6個とデメリット6個を解説】

2021年10月10日

悩んでいる人

ロリポップでWordPressのブログを始めようと思っています。評判や口コミはどうなのでしょうか?メリットやデメリットを教えてほしいです。

今回は、このようなWordPressでブログを始めたい方の疑問を解決していきます。

この記事の内容

  • ロリポップのデメリット6つ
  • ロリポップのメリット6つ
  • ロリポップのおすすめプラン
  • ロリポップのお得なキャンペーン

この記事を書いている人

レンタルサーバーの性能は、SEOやアフィリエイトの売り上げに大きく影響します。

この記事では、ロリポップの評判とメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

それでは本題に入っていきます。

ロリポップとは?

ロリポップは、200万以上のサイトで利用されており、国内シェアがエックスサーバーに次ぐ2位のレンタルサーバーになります。

2020年8月にサーバー環境を一新しています。おすすの方は以下のような方です。

こんな人におすすめ

  • 少しでも安くレンタルサーバーを利用したい
  • 最新性能のレンタルサーバーがいい

このように、「個人のブロガー」や「小規模ビジネス」を展開している人をターゲットにしています。

ロリポップは遅い?危ないの?

ロリポップは低価格な反面「サイト表示の速度が遅い」という口コミが多い印象です。

過去に大きなサイバー攻撃も受けてたこともあり、多くのユーザーが離れてしまったこともあります。

しかし、現在では高速化機能や安全策が追加されており、セキュリティ関してしっかり対応していますよ。

稼働率99.99%の安定性がある

ロリポップのデータセンターは、24時間365日の友人監視体制です。

そのため、現在はサーバー稼働率「99.99%」と高水準になっています。

また、耐久性に関しても急激なアクセスの増加に対して「ブースト機能」も用意されているので、高くなっています。

独自のモジュール版PHPとアクセラセーたを採用

ロリポップは独自のモジュール版PHPを使用することで、サイト表示の処理速度を12倍まで上げています。

こちらは、スタンダード以上のプランで利用可能です。

また、2018年からスタートした「ロリポップアクセラレータ」では、今までの24倍のパフォーマンス改善につながっています。

ロリポップのデメリット6つ

ロリポップのデメリットは以下の通りです。

ロリポップのデメリット

  • プラン変更ができない
  • 大量の同時アクセスに弱い
  • 電話サポートは一部のプランのみ
  • WordPressのインストールが複雑
  • バックアップサービスが有料
  • アカウント管理が難しいい

それでは順に解説してきます。

プラン変更ができない

ロリポップのプラン変更は「下位プラン」から「上位プラン」のみ可能となっています。

下位プランへの変更には対応していないため、プラン選択の自由度が少ないです。

ブログを続けているとアクセスが伸びていくのは理解できるのですが、もう少し自由度ほしい印象です。

大量の同時アクセスに弱い

ロリポップは価格を抑えられるメリットある反面、大量の同時アクセスに耐えられるサーバー性能ではありません。

低価格プランを利用できるのは、サーバーの処理能力に合ったサイトに限定されてしまいます。

一時的なアクセス増加であれば、同時アクセス数の拡張機能で上限を増やすことも可能です。

電話サポートは一部のプランのみ

ロリポップのサポートは丁寧で手厚いと評判ですが、電話対応は「スタンダードプラン以上のみ」の対応になっています。

サイトが表示されない、データが消えてしまった場合など、急なトラブルが起きた場合は電話相談が迅速に対応できるので、初めての方はスタンダードプラン以上がおすすめです。

WordPressのインストールが複雑

ロリポップでが「WordPress」以外にも、「baserCMS」「EC -CUBE」などのサイトシステムを簡単にインストールできます。

しかし、エックスサーバーやConoHa WINGに比べると、インストール手順が多くなり、少し複雑です。

バックアップサービスが有料

ロリポップのバックアップサービスは「7世代バックアップ・自動バックアップ」の2つになります。

どちらも優秀なサービスになりますが、「有料サービス」です。

他社サーバーでは、バックアップから復元まで全てが「無料」であるこが多いので、トラブルが起きたときのことを考えると注意しておく必要があります。

アカウント管理がメンドウ

ロリポップを契約する場合、サーバーは「ロリポップ」、ドメインは「ムームードメイン」での登録が必要になります。

1つのサイトを作るのに2つのIDとパスワードが必要になってしまうので、管理の負担が増えてしまいます。

ちなみに、僕の場合はエックスサーバーを利用していますが、エックスドメインというものがあり1つのIDとパワスードで管理しているので楽です。

以上が、ロリポップの6つデメリットになります。

続いて、ロリポップの悪い評判をご紹介します。

すぐる

ロリポップの悪い評判

以下は、Twitterなどで見られるロリポップの厳しい口コミになります。

ロリポップの厳しい口コミ

  • 下位プランの変更ができないのが不便
  • エコノミープランではWordPressが利用できない
  • お試し期間が終了すると、自動的に本契約されるので注意が必要
  • 管理画面で.httaccessが編集できない
  • 低価格で始めれるがそれ以外のメリットがない
  • 企業サイトでは怖くて使えない

このように、価格が安い代わりにサーバー性能が劣ってしまうという口コミが印象的でした。

それでは、次にロリポップのメリットを解説していきます。

すぐる

ロリポップのメリット6つ

ロリポップのメリットは以下のようになります。

ロリポップのメリット

  • 月額110円の低価格から利用できる
  • Web制作初心者でもわかりやすい
  • 安心サポートが充実している
  • 初期費用無料+10日間の無料お試し
  • ハイスピードプランが速い
  • WordPressの引越しが簡単

それでは順に解説していきます。

月額110円の低価格から利用できる

ロリポップのエコノミープランは、なんと月額110円という低価格で利用できます。

しかし、WordPressが使えないので、初めてのブログには向いていませんが、容量10GB・転送量50GBと充実した内容です。

WordPresssが使えるのはライトプラン以上にになりますので注意してくださいね。

Web制作初心者でもわかりやすい

ロリポップでは、ボタンをクリックしていくだけでできる「WordPress簡単インストール機能」があります。

初めてレンタルサーバーを借りる方にも使いやすい管理画面は好評のようです。

その他に、580種類以上のマニュアルとFAQページで、わからないこともがあってもすぐに解決できます。

安心サポートが充実している

ロリポップの安心のサポートは、ユーザー満足度が94%と非常に高いです。

ロリポップのサポート内容

  • 電話:平日10:00〜18:00
  • チャット:平日・土日:9:30〜13:00 14:00〜17:30
  • メール:24時間受付
  • オンラインマニュアル公式HP

このように、初めての契約からサーバーの設定でこまったらすぐに相談できるのは充実しています。

しかし、電話サポートが使えるのはスタンダードプラン以上になるので注意が必要ですね。

初期費用無料+10日間の無料お試し

ロリポップでは、10日間のお試し利用が可能になっています。クレジットカードなどの支払い登録も必要ありません。

ロリポップの使いやすさが気になる方は、実際にブログを触ってから契約できるのは嬉しいですよね。

また、ハイスピードプランでは初期費用が0円なので、コストを抑えたい方にはおすすめです。

ハイスピードプランが速い

ロリポップのハイスピードプランには、最新性能のサーバー設備が導入されています。

下位プランは趣味レベルの利用に向いていますが、表示速度が劣ります。そのかわり、コストは抑えれますので、あったプランを選択してくださいね。

ハイスペックで使われているLiteSpeedは、高速化に強いサーバーです。

このように、WordPress利用時のパフォーマンスは、他社サーバーを上回る結果になっています。

NgnixはエックスサーバーやConoHa WINGで利用されているサーバーになります。

>>【比較】ロリポップのハイスピードプランは本当に速いのか?

WordPressの引越しが簡単

ロリポップのWordPress簡単引越しサービスでは、他社のサーバーからWordPressサイトを安全に引越ししすることができます。

ロリポップの低価格サーバーの利用をかんがえるときに、おすすめのサービスになりますね。

以上が、ロリポップの6つのメリットです。

次に、ロリポップの良い評判をまとめてみました。

すぐる

ロリポップの良い評判

以下は、Twitterなどで見られるロリポップの良い口コミです。

ロリポップの良い評判

  • 管理画面が使いやすい
  • 料金が安く、WordPressの動作も速い
  • SSL化が簡単にできた
  • サポートページのマニュアルがたくさんありわかりやすい

このように良い評判があり、大量のアクセスを求めておらず、コスパを優先したい方にとってはかなり優秀なレンタルサーバーだと評価されています。

ロリポップのおすすめプラン

ロリポップで初心者の方におすすめしたいプランは「ハイスピードプラン」です。

ハイスピードプランは表示速度が速く、大量のアクセスにも強いWordPress向けの仕様になっています。

他社サーバーよりも高性能なLiteSpeedが低価格で利用できるので、これからブログ運営する方にとっては最適なプランです。

>>【徹底比較】ロリポップでおすすめのプランは?

今なら初期費用無料+ドメイン無料

ロリポップは現在「初期費用0円+ドメイン永久無料+10日間無料」のキャンペーン中です。

格安で優秀なサーバーを利用したい方は、ロリポップがおすすめですね。

>>ロリポップのドメイン無料キャンペーンはこちら

まとめ:格安サーバーを利用するならロリポップ!

今回の記事では、レンタルサーバーを選びた人向けに、ロリポップのメリットとデメリットを解説してきました。

アフィリエイトで成果を出すためにはサーバー選びは大切なポイントになります。

サーバー契約前には、無料お試し期間を利用するなどして、実際に使用感を確かめることをおすすめします。

以下の記事では、ロリポップでWordPressでブログを始める方法を解説していきます。

Web制作やプログラミングの知識がなくても、できるように解説していますの参考にしてみてくださいね。

>>ロリポップでWordPressのブログを始める方法

ちなみにこのブログはエックスサーバーを利用していて、トラブルもなく快適なスピードで運用できています。

その他のサーバーを比較したい方はこちらから

本ブログでは、ブログアフィリエイトにおすすめな5つ紹介しています。

詳しい記事は以下の記事でまとめていますので、参考にしていただけると嬉しいです。

>>【比較】ブログにおすすめしたい人気レンタルサーバー5選【初心者向けランキング】

おすすめレンタルサーバーの徹底比較リストをまとめました。

レンタルサーバー比較

  • エックスサーバー × ConoHa WING
  • エックスサーバー × カラフルボックス
  • エックスサーバー × mixHost
  • エックスサーバー × ロリポップ
  • ConoHa WING × カラフルボックス
  • ConoHa WING × mixhost
  • ConoHa WING × ロリポップ
  • カラフルボックス × mixhost
  • カラフルボックス × ロリポップ
  • mixhost × ロリポップ

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキング

1位:エックスサーバー

国内シェア1位・速度1位のレンタルサーバーになります。

安定性に優れており、初心者でも安心して利用できます。

2位:ConoHa WING

ConoHa WINGは国内最速レベルのサーバー処理能力があり、高速なサイト表示させられるサーバーがいい方におすすめです。

3位:カラフルボックス

カラフルボックスは、LiteSpeedというWordPressと相性のいいサーバーを導入しています。高速で安定しており、安全にバックアップができるなど、全体的に優勝です。

4位:mixhost

mixhostは、2016年から運用されている比較的新しいレンタルサーバーになります。高機能なサーバーを導入しており、アダルト系や出会い系サイトも運営可能です。

5位:ロリポップ

ロリポップは、170万人に利用されているレンタルサーバーになります。少しでも安く最新性能のレンタルサーバーを利用したいといった方におすすめです。

スポンサーリンク

-ブログの作り方