BLOG

WordPressブログ基本の始め方【従来の方法】

2020年8月1日

【超簡単】10分で出来る!WordPressの始め方【ブログを作る】という記事をご覧いただいていた方で、クイックスタートではない従来のやり方で、ブログを始めたい!という方向けの記事になります。

 

本記事で、WordPressインストールまで完了したら、「WordPressの初期設定」へとお進みください。

 

WordPressでブログを始めるまでの全体を理解する

はじめに、WordPressでブログを立ち上げる時に何が、必要なのかを簡単に説明していきます。

 

WordPressでブログをするための基本3要素

WordPressでブログをはじめるには、下記の3つが必要になります。

WordPressブログの基本3要素

  1. サーバー契約
  2. ドメイン情報
  3. WordPressのインストール

「WordPressブログを作る」=「上記の基本の3つ基本要素を組み合わせる」と理解してもらえば、問題ありません。

 

「サーバー」「ドメイン」「WordPress」を簡単に説明しておくと、下記のように、インターネットという世界で家を建てるイメージになります。

  • サーバー:インターネット上の土地のようなもの
  • ドメイン:インターネット上の住所のようなもの
  • WordPress:インターネット上の家のようなもの

 

WordPressブログを運営することは、ネット上で土地(サーバー)を借りて、住所(ドメイン)を取得して、家(ブログ)を充実させていくイメージに近いです。1つでも欠けると、運営できません。
Suguru

WordPressでブログを作るための手順5つ

ゼロからWordPressでブログを開設するために、次の5つの順番で進めていきましょう。

ブログ開設までの手順

  1. ドメインを取得する(15分)
  2. サーバーを取得する(15分)
  3. ドメインとサーバーを接続する(25分)
  4. WordPressをインストールする(5分)
  5. WordPressの初期設定(1時間)

 

ざっくりですが、1時間〜1時間半ほどでWordPressがインストール完了までいけます!

 

それでは、開設までの詳細な手順を解説していきますので、進めていきましょう。
Suguru

 

開設する手順1:サーバーを契約する

 

まず、はじめにサーバーを申し込んでいきましょう。

今回は初心者から玄人の方までおすすめできる「エックスサーバー」のX10プランに契約する方法を紹介していきます。

エックスサーバー(XSERVER)をおすすめすな理由

 

一言でサーバーを扱っている会社と言っても、エックスサーバー以外に、さくらサーバーやロリポップ など多数のサーバー会社が存在しています。

その中でなぜエックスサーバーをおすすめしたいのか説明します。

エックスサーバーのおすすめポイント

  1. 管理画面が使いやすい
  2. 100万PVまでアクセスに耐えられ安定している
  3. WordPressのインストールも超簡単
  4. 性能に対してコストパフォーマンスも良好

 

 

以上の理由から悩むなら「エックスサーバー 」を選びましょう。

実際のところ、SNSなどで調べてもみても、ブログ初心者からプロブロガーまで、非常に幅広い層に使用されているサーバーと言えますね。
Suguru

今回は、エックスサーバーでの開設方法についてお話ししていきます。

下のリンクから公式サイトに開いて読みながら進めてください。

 

>>「エックスサーバー」にアクセス

※クリックすると公式サイトが開きます。

 

STEP1:プランを決める(X10がおすすめです)

エックスサーバーの中でも、僕がおすすめするのは「X10プラン」です。

 

「X10プラン」はエックスサーバーの中でも最安プランですが、

ブログ運営に必要なスペックは、全てそろっている非常に優秀なプランになっています。

 

エックスサーバー の費用感

初期費用:3,000円
月額費用:1,200円 × 3ヶ月 = 3,600円
合計:6,600円(税込7.260円)

※1年契約にすると1ヶ月あたり1,000円になります。
※ブログで唯一かかる固定費です。

 

プランを決めたら、さっそく申し込みをおこなっていきましょう。

 

「ブログを最低でも1年は続ける予定!」という方は、12ヶ月のプランで申し込むとお得になっています。
まずは3ヶ月からスタートして延長もできるので気軽に決めても大丈夫です。
Suguru

 

STEP2:サーバーを申し込む

Xサーバー申し込み

エックスサーバーのサイトにアクセスして、「お申し込みはこちら」から申し込みと支払いをおこなっていきます。

 

>> 「エックスサーバー」にアクセス

※クリックすると公式サイトに飛びます。

 

「初めてご利用のお客様」の方のボタンをクリックして新規申し込みをします。

Xサーバーお申し込みフォーム

クリックするの下の画面になりますので、プランを決めて進めていきましょう。

STEP3:サーバー情報を入力する

次の順番で、手続きを進めましょう。

サーバー契約までの流れ

  1. お客様情報の入力
  2. 入力内容の確認
  3. お申し込み完了

サーバーIDは自動割り当てされます。そのままで問題ありません。

後から決めるドメイン名が、ブログのURLになるので安心して進んでいきましょう。
Suguru

 

STEP4:登録情報を入力する

お申し込みフォームの「X10プラン」を選択して、個人情報を入力していきましょう。

入力が完了したら、下記のように申込内容の確認へと進んでいきましょう。

 

申込内容と確認へ進む

STEP5:登録メールアドレスの確認

入力内容に問題がなければ、「次へ進む」をクリックして本人確認を行いましょう。

次に進むと登録したメールに確認コードが送られてきます。

 

確認してコードを入力して、次へ進むをクリックします。

メール確認する

確認コードを入力して、「次へ進む」をクリックしてください。

 

STEP6:SMS・電話認証をする

電話番号(XXX-XXXX-XXXX)を入力して、SMS認証をしていきましょう。

認証コード

エックスサーバーから、スマホに上記のような「認証コード」が届きます。
数字をメモしておきましょう。

申し込みが完了したら、下記の画面になります。

申し込み完了

 

申し込みお疲れ様でした。

申し込みが完了するとエックスサーバーから下記のメールが届きます。

Xサーバーからのメール

 

STEP7:サーバー料金の支払い

ここで忘れてはいけないことをお伝えしておきます。
それは「料金を支払っておくこと」です。

仮申込の状態なので、すぐに初期費用+月額費用の支払いを済ませて置くようにしましょう。

 

注意ポイント

※全てのセットアップが終わったあとに、料金支払いを忘れていたら、契約が内容が無効になってしまいます。
必ず、支払いを済ませておきましょう。

 

料金支払いは、エックスサーバー の「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」から行います。

「サーバーパネル」ではありませんので注意しましょう。
Suguru

ログイン方法

  1. Xサーバー申込時に使ったメールアドレス
  2. 申込完了メールに記載してあるパスワード

Xserverアカウント(旧インフォパネル)ログイン情報

上のようにメールに届いているXserverアカウント(旧インフォパネル)のログイン情報をもとに、ログインを行います。

 

 

>> 「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」にアクセス

※クリックすると公式サイトに飛びます。

 

STEP8:料金の支払い設定

XserverアカウントTOPページ

 

ログインができたら、左側の「決済関連」から「料金のお支払い」をクリックしましょう。

「決済関連」から「料金のお支払い」

契約しているサーバーにチェックを入れて「更新期間」(3ヶ月でOK!)を選んで、「お支払い方法を選択」をクリックします。

 

お支払い方法の設定

 

あとは、クレジットカードを選択して支払いを完了させると、サーバーの支払いは完了です。

 

支払い完了

 

開設する手順2:ドメインを取得する

 

開設の手順2:ドメインを取得する

ここまでは、サーバー契約について説明してきました。
続いて、「開設の手順2:ドメインを取得」していただきます。

 

ドメイン名とは、「○○○.com」のようなURLの文字列のことです。

 

「○○○」の文字列を自由に決めることができますので、好きな文字で大丈夫ですよ
Suguru

 

例えば、このブログであれば「sugurublog」が自分で決めた文字列です。
そして、「.com」や「.net」はトップレベルドメインと呼ばれています。

今回であれば、お名前.comというドメイン販売業者から「sugurulog.com(例)」というドメイン名を購入する必要があります。

 

「よくわからない!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実際に手を動かしてみるとよく分かりますよ。
Suguru

 

ドメイン取得先は「お名前.com」がおすすめです

お名前.com

今回の取得に関しては、日本で1番有名なドメイン業者「お名前.com」を利用して、ドメインを取得する方法を説明していきます。

 

お名前.comってどんな会社?

お名前.com」は1991年創業で、東証一部に上場している「GMOインターネット株式会社」という企業が運営しているWEBサイトです。

 

個人ブロガーから有名企業まで、幅広いユーザーが使っているサイトなので安心ですよ。

まずは、以下のリンクからお名前.comにアクセスしてみてください。

 

>> 「お名前.com」にアクセス

※クリックすると公式サイトへ飛びます。

注意ポイント

※お名前.comにアクセスすると、上記のような「サーバーもセットで申し込むとお得です!」といったキャンペーンを見かけるかもですが、気にしなくてして大丈夫です。

※サーバーは、業界No.1のエックスサーバーを利用するのがオススメです。

STEP1:ドメインを決める

まずは、ドメインの「名前」「トップレベルドメイン」を決めていきましょう。

 

「名前」は「○○○.com」の「○○○」の部分です。アルファベットで好きな文字列を考えておきましょう。

 

ドメインを入力

もしも、入力した文字列がすでに使用済みだった場合、他の文字列でトライしてみましょう。

※ドメインは早い者勝ちですので、注意してください。

 

「トップレベルドメイン」は「○○○.com」の「.com」の部分です。特にこだわりがなければ、王道の「.com」で申請しておけば問題ないです。

 

ドメインの申込

「Whois情報公開代行メール転送オプション」と、「ドメインプロテクション」についてはチェックしてもしなくても問題ありません。

 

ポイント

メールマークがついているドメインは、すでに利用している人がいるので利用することができません。
その場合、違うドメイン名を考えて再度検索してみましょう。

 

アドレスとパスワードを入力

希望のドメイン名にチェックをした後に、「次へ」をクリックします。

 

STEP2:ドメインの申し込みと支払い方法

会員情報を入力

続いて、会員情報の入力をしていきましょう。

入力が完了したら、お支払い情報を入力してドメインを購入します。

 

お支払い情報の入力

注意ポイント

お支払いが完了した後、下記のような画面が出てきますが、気にしなくて大丈夫です。

STEP3:メール認証で有効化を行う

 

支払い完了画面

ドメインの購入が完了がすると、「お名前.com」からメールが5通ほど届きます。

 

ポイント

件名:【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い
という件名のメールを開いて、認証リンクをクリックすると以下のようなメッセージが表示されます。

 

メール認証画面

 

これで、メール認証が有効化されました。ドメイン取得はこれで完了です。

 

注意ポイント

お名前.comから「ドメインプロテクションを契約しましょう」「Whois転送サービスに登録しましょう」という内容のメールがよく届くことになりますが、基本的には何もしなくてOKです。本記事に沿ってブログを開設していけば大丈夫です。

 

開設の手順3:ドメインとサーバーを接続して独自SSL設定をする

開設の手順③:ドメインとサーバーを接続する

サーバーを契約して、ドメインを取得までできました。お疲れ様です!

 

このあとは手順3に進みます。

 

手順3はドメインとサーバーを接続する作業です。
少し難しく見えるかもしれませんが、説明に沿って進めていけば問題ありません。

 

「お名前.com」でサーバー設定

それでは、「お名前.com」の方でサーバーの設定をおこないます。

「お名前.com」にログインします。

お名前.comログイン

「お名前.com」にアクセス
※クリックするとログイン画面に飛びます。

ログイン後、下記の画面になります。
「TOP」をクリックしてください。

注意ポイント

トップページへ移動する時に下記の画面が出ますが、気にせずに移動してください。

 

 

TOP画面になったら「ドメイン一覧」をクリックします。

ドメイン一覧をクリック

「ドメイン一覧」をクリックすると、下記のような画面なります。

取得したドメイン名が表示されると思うので、「ネームサーバー」「> 初期設定」をクリックしてください。

 

  1. ドメインの選択は、何も変える必要はありません。
  2. ネームサーバーの選択で「その他」をクリックしてください。

 

ネームサーバー選択

「その他のネームサーバーを使う」をクリックしてください。

その他の画面

 

「ネームサーバー1」「ネームサーバー2」などを入力する部分が表示されます。「+」をクリックして、「ネームサーバー5」まで入力する欄を増やしてください。

3つしかない!?と思うかと思いますが、焦らず「+」を押して記入する箇所を増やしてくださいね。
Suguru

ネームサーバーを増やす

 

下記の内容をそのままコピペして貼り付けてください。(:は含みません。ns~.jpの文字列だけをコピペしてください。)

 

コピペして貼り付ける

ネームサーバー1(必須):ns1.xserver.jp
ネームサーバー2(必須):ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

 

必須と書いてある部分以外も含めて、5つ全て入力してください。

 

 

入力が完了したら、右下の「確認」をクリックします。

 

そうすると、入力内容を確認する画面になりますので、入力ミスがないか確認して「OK」をクリックします。

 

 

「完了しました」が出たらネームサーバーの設定は完了です。

完了しましたが出たらOK

※ネームサーバーの設定には最大72時間ほどかかる場合がありますが、通常1日ほどで完了します。

 

「 エックスサーバー」でドメイン設定

「お名前.com」でサーバー設定が完了したら、次は「エックスサーバー」でドメイン設定をしていきます。

それでは「サーバーパネル」にログインしていきましょう。

サーバー料金のお支払いは「Xserverアカウント」だったので、混同しないように気をつけてくださいね
Suguru

 

サーバーパネルログイン画面

>> 「サーバーパネル」にアクセス

※クリックするとログイン画面に飛びます。

「サーバーパネル」へのログインには、「サーバーアカウント設定完了のお知らせのメール」にある「▼サーバーアカウント情報」から情報を確認してください。

「サーバーID」と「サーバーパスワード」をコピペして貼りつけるとログインできますよ。
Suguru

サーバーパネルログイン情報

「サーバーパネル」にログインが完了したら、「ドメイン」「ドメイン設定」をクリックします。

 

サーバーパネルTOPページ

「ドメイン設定」「ドメイン設定追加」(右側のタブ)をクリックしてください。

ドメイン設定追加

 

そうすると、「ドメイン名」を入力するボックスが出てくるので、お名前.comで取得した「ドメイン名」を入力して、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

 

※「無料独自SSLを利用する(推奨)」にはチェックを入れてください。
※「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」にもチェックを入れてください。

内容を確認して、「追加する」をクリックします。

 

ドメイン設定完了

 

※ドメイン設定は最大で24時間かかる場合がありますが、通常は数時間で完了します。

 

独自SSLを確認する(設定する)

ここまでで、ドメインとサーバーの接続設定が完了です。
WordPressをインストールする前に、独自SSLを設定していきます。

「独自SSL=Secure Socket Layer」の略で、簡単にいうとサイトの安全性が向上する効果があります。

しっかりと確認しておきましょう。

まずは、サーバーパネルにアクセスします。

SSL設定をクリック

 

右上にある「SSL設定」をクリックします。

次に、「独自SSL設定追加」をクリックして、SSL設定を確認するドメインを選択します。

 

SSL設定確認
※設定済みになっていれば大丈夫です。

設定ができていない場合は設定するようにしてください。

SSL設定の確認画面へ

 

「確認画面へ進む」をクリックします。

SSL設定追加する

「追加する」をクリックしてSSL設定完了です。

 

開設の手順4:WordPressをインストールする

開設手順4:WordPressをインストールする

ドメインとサーバーの接続設定が完了したら、WordPressをインストールしていきましょう!

 

ワードプレスのインストールは、とても簡単なので、すぐにできます!

 

もう少し!最後までがんばりましょう!
Suguru

 

では、さっそく手順をご紹介していきます。

 

まずは、「サーバーパネル」にログインして、TOPページ下部の「WordPress」「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

WordPressインストール

「WordPress簡単インストール」「WordPressインストール」のタブをクリックすると、WordPressのインストールに必要な情報入力の画面になります。

WordPressインストール

 

入力事項

  1. サイトURL:そのまま空欄でOKです。
  2. ブログ名:好きなブログ名をご記入ください。(後から簡単に変更可能。)
  3. ユーザー名:ログイン時に使用するユーザー名です。(メモに残しておきましょう。)
  4. パスワード:ログイン時に使用するパスワードです。(メモに残しておきましょう。)
  5. メールアドレス:ご自身のメールアドレスをご入力ください。
  6. キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択してください。
  7. データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

全ての入力が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

 

最後に「以下の内容でWordPressをインストールしますか?」と聞かれますので、内容確認して「インストールする」をクリックしてください。

 

インストールするをクリックする

 

※「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と表示されますが気にしなくて問題ありません。

※「MySQLデータベース名・ユーザー名・パスワード」が自動生成されていますが、問題ありません。ブログデータを保存しておく保管先情報になります。

 

インストールが完了すると、「管理画面URL」「ログイン情報(ユーザー名・パスワード)」が発行されます。

インストール完了の画面

「管理画面URL」は何度もログイン画面にアクセスすることになるので、ブックマークすることをオススメします。

「ログイン情報(ユーザー名・パスワード)」は大切な情報なので、必ずどこかにメモして保管しておきましょう。

 

注意ポイント①

「管理画面URL」が分からなくなった場合は、「ドメイン名」の後ろに「/wp-admin」をつけてアクセスすると「管理画面URL」に接続できます。

注意ポイント②

「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく置いて再度アクセスをお試しください。」と表示される場合は、「時間をおく」か「ブラウザのキャッシュを削除」することで解消できますよ。

 

これでWordPressのインストールは完了です。

 

ワードプレスデビューおめでとうございます!
Suguru

 

ワードプレスのログイン方法

ワードプレスのインストールが完了したら、さっそくログインしてみましょう。

ログイン画面は「管理画面URL」からアクセスできます。

WordPressログイン画面

「管理画面URL」にアクセスすると上のように「ユーザーID」「パスワード」を要求されますので、設定した情報を入力しましょう。

「ログイン状態を保存する」をチェックしておくと、次回からログイン状態を継続できるので便利ですよ。

 

ログインが完了すると管理画面が表示されます。
WordPressブログの裏側はこのようになっています。

 

 

上部のサイト名をクリックすると、ブログの公開ページへとアクセスできます。

始めの「Hello World!」と表示されています。

WordPressインストールお疲れ様でした!
本記事の内容を完了させたら、「WordPressの初期設定」へと進んで設定をおこなっていきましょう。

 

スポンサーリンク

-BLOG
-, ,

© 2020 Suguru Blog