ブログの作り方

WordPressでサイトマップを送信する方法【初心者でも簡単】

2021年4月25日

悩んでいる人

WordPressでブログを立ち上げたのですが、サイトマップの送信方法がわかりません。なぜサイトマップの送信が必要なのかも教えてほしいです。

今回はこの悩みを解決していきます。

この記事の内容

  • サイトマップとは?
  • サイトマップを送信する理由は?
  • サイトマップの送信方法

この記事を書いている人

あなたの記事はしっかり検索されいますか?

記事を書いても書いても、全くPV数が伸びていない場合サイトマップが正しく送信されていない可能性があります。

ブログを立ち上げられたばかりの初心者の方が見落としがちな内容なので確認してくださいね。

今回のポイントは以下になります。

サイトマップのポイント

  • サイトマップは記事の一覧
  • サイトマップは検索順位にとても重要
  • サイトマップの設定は簡単で10秒で完了

サイトマップは送信は記事を書いたらすぐにやる手順になります。

すぐる

サイトマップとは?

サイトマップとは、サイト全体のページ構成を地図のように一覧で記載しているページのことです。

サイトマップは、ユーザーや検索エンジンにサイト内容をわかりやすく伝える役割を担っています。

サイトマップを用意しておくことで、ユーザーが目的のページを探しやすくなったり、検索エンジンがサイト内のページを知らせることができます。

簡単にいうと「記事の一覧表」と言うほうがイメージしやすいかと思います。

Googleに自分のサイトには「こんな記事があります」「この記事はこのURLから見えます」といった情報をリスト化したものになります。

また、サイトマップには以下の2種類があります。

サイトマップの種類

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ

簡単に説明していきます。

HTMLサイトマップ

サイトの構成を一覧にしたもので、そのサイトの全体像や、自分がどのページにいるかを把握するために使います。(サイトを訪れたユーザー向け)

XMLサイトマップ

サイト内の各ページに関して最終更新日、更新頻度、優先順位などが記載されています。(検索エンジンのクローラー向け)

今回、解説するのは「XMLサイトマップ」になります。

クローラーとは?

ウェブサイトを巡回して情報収集するプログラムのことです。

サイトマップはなぜ送信しないといけないのか?

次になぜサイトマップを送信する必要性があるのか?といった部分を解説していきます。

結論:検索順位の決定に大きな影響を与えるからです

サーチコンソールにサイトマップを送信することで、Googleがサイトの構造を認識しやすくようにしています。

その結果、検索順位の上昇につながるというわけです。

Googleの検索順位は概ね、以下の3ステップで決まると言われています。

検索順位の決定3ステップ

  1. Googleクローラーがサイト訪れる
  2. サイト情報がインデックスされる
  3. アルゴリズムがサイトを評価する

インデックスとは、Googleのデータベースにサイト情報が登録されることを指します。

そのため、記事を書き終えたらからサイトマップを必ず送信するようにしましょう。

だいぶサイトマップの重要性が理解できてきたかと思います。次はサイトマップの送信方法を解説してきますね。

すぐる

サイトマップの送信方法

次はサイトマップの送信を方法を解説していきます。

今回の内容はWordPressユーザーの向けた内容になります。

以下の2つのステップで解説していきます。

サイトマップの手順

  1. サイトマップの作成方法
  2. サイトマップの送信方法

サイトマップの作成方法

WordPressnoサイトマップは主に以下の2種類のプラグインで作成されています。

サイトマップの作成方法

  1. Google XML Sitemap
  2. All in One SEO Pack

それぞれのサイトマップの作成方法はバズ部さんのサイトが丁寧に解説されているので参考にしてみてください。

>> Google XML Sitemapの設定

>> All in One SEO Pack の設定

サイトマップはどちらかのプラグインで作成してもらえれば大丈夫です。

ぼくの場合ですが、All in One SEO Packに関しては導入していません。

理由としてはWordPressテーマが優秀だからです。SEO対策をしっかりとられたテーマではプラグインはサイト重くするだけになりかねません。

こちらの記事にSEOに強いWordPressテーマをまとめていますので、参考にしてただければと思います。

>>【2021年】ブログ初心者におすすめしたいWordPressの7テーマ【SEOに強い】

サイトマップの送信方法

サイトマップを送信するには、Google Search Console(サーチコンソール)を使用します。

まだサーチコンソールの導入と設定が済んでいない方はこちらの記事を参考に設定してみてくださいね。

>> GoogleサーチコンソールをWordPressで設定する方法

サーチコンソールを使ったサイトマップの送信方法は以下のステップになります。

サイトマップの送信方法

  1. サーチコンソールを開く
  2. サイトマップのURLを送信
  3. 記事のインデックスを確認

サーチコンソールを開く

まずは、サーチコンソールを開きましょう。

サーチコンソールを開いたら、「サイトマップ」をクリックします。

サイトマップをクリックする

サイトマップのURLを送信する

次にサイトマップのURLを送信します。

新しいサイトマップので「サイトマップのURLを入力」「sitemap.xml」と入力します。

入力できたら、「送信ボタン」を押しましょう。

sitemap.xmlと入力する

送信ができた場合、ステータスに「成功しました」と表示されます。

日付も最新に変わっているのを確認しましょう。

サイトマップの送信成功の確認

記事のインデックスを確認する

最後に記事のインデックスを確認しましょう。

「URL検査」をクリックします。

URL検査をする

ちゃんとインデックスされているか確認したい記事のURLを入力しましょう。

インデックスが成功していると以下の画面が表示されます。

記事のインデックスができているか確認する

以上でサイトマップの送信は完了です。

重要

サイトマップの送信はプラグインが自動でやってくれるので、この一連の送信作業はしなくても問題ありません。しかし、ちゃんとインデックスされているかの確認と、サイトマップの更新を早めることでSEO対策では有効になるので必ず行うことをおすすめします。

まとめ:サイトマップを送信してGoogleに認識してもらおう

今回はサイトマップの作成方法と送信方法を解説しました。

サイトマップを送信することで、SEO対策にもなりブログ運営をする上で大切なポイントになります。

再度、送信方法を以下に記載しておきますね。

サイトマップの送信方法

  1. サーチコンソールを開く
  2. サイトマップのURLを送信
  3. 記事のインデックスを確認

SEO対策のために必ずサイトマップを作成して、送信作業をするようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事【超簡単】10分で出来る!WordPressの始め方【ブログの作り方】

スポンサーリンク

-ブログの作り方